ブランドロゴ 

<Lino>は、ハワイ語で「光る」「輝く」。

<Drops>は加工された桜貝の、波の「滴」で包んだような透明感、

     「Candy」のような艶やかさから命名しました。

ロゴの手書きラインは桜貝の形、波打ち際、海からの贈り物をイメージ。

二重のラインにすることで、鎌倉の波の揺らぎ感や自然造形の繊細さを

連想させています。

上の輪は私達とお客様の縁結び。お客様の願いが実を結ぶことを表現しています。

 作品作りについて 

LinoDropsでは、脆くてかけやすい桜貝を、1枚1枚丁寧に洗浄し、磨きをかけて、最も透明度の高い特殊な樹脂で、加工をしております。強度もありますので、普段使いで壊れることはありません。

また、桜貝そのもの及び、製作過程でも一切の着色はしておりません。自然本来のお色をお楽しみいただけます。


桜貝(1枚)を加工したパーツ <意匠申請中>

 

 透け感が美しく、自然本来の色のグラデーション、柄模様、形そのものが 

 お楽しみいただけます。

 また裏側の色の美しさにも目を奪われるでしょう。

 


二枚貝(合弁)を加工したパーツ

 恋愛成就を祈るアイテムとして人気。

 2枚合わせているので、はっきりした色合いが楽しめます。


桜貝の欠片を加工したパーツ <特許申請中>

 

 LinoDrops立ち上げ当初から、試行錯誤の上に作されたパーツです。

 穴があいたり、欠けた桜貝を砕いて、色素材として使用しています。

 様々な桜色、様々な欠片模様を様々な形にしたパーツです。