鎌倉由比ヶ浜は桜貝が拾える名所のひとつです。

 

桜貝には色々な種類があります。

桜貝・カバザクラ・モモノハナガイを総称で”桜貝”と呼んでいて、幸せを呼ぶ貝と言われています。また2枚の合わせ貝は、恋愛成就のアイテムとして用いられています。

桜貝は内湾の水深~20mぐらいの細砂地に生息しています。丸い穴があいているものは、ツメタガイによってあけられた穴です。

冬から春にかけて多く海岸へ打寄せられるようです。潮の満ち引きや風向き、海流によって気まぐれに、波が材木座海岸や由比ヶ浜に運んできてくれますので、必ず拾えるとは限りません。

桜貝

 

内湾性の貝で、年々その姿は少なくなっているそうです。

他の種類との見分け方は、貝どうし繋がっているほうが、若干とがった感じになっていることと、裏側の筋は1本放射線状に延びています。

また、色が濃いのも特徴です。

カバザクラ(樺桜)

 

外洋性の貝で、裏側の筋が放射線状に2本延びています。パステルカラーの様々な色があり、写真にはないですが、オレンジ色のものもありますよ。

モモノハナガイ(桃花貝)

 

桜貝や樺桜に比べて、ちょっと厚め。

型が全体的にとがっていて、縞模様もくっきり。

色もはっきりした濃い桃色のものが多いです。

 別名 エドザクラ。

オオモモノハナガイ(大桃花貝)


桃花貝の親分みたいな貝です。

大き目なので、海岸では比較的見つけやすい(目に入りやすい)貝です。

かなり厚いのですが、大きなものほど色が薄くなってきます。

ベニガイ(紅貝)

 

鎌倉の海岸では、原型のまま拾うことがほとんど出来ない貝です。

お隣の逗子海岸で多く拾うことができます。


シボリザクラ(絞り桜)

 

滅多に拾うことのできない、珍しく貴重な貝です。

海洋大学に通うお客様から伺って、やっと名前が判明しました!

ナミマガシワ(波間柏)

 

桜貝ではないのですが・・・。

一部の地域では、この貝を桜貝と呼ぶの所もあるようです(複数のお客様情報)。

波の間を漂う柏葉に似ていることから名づけられました。

砂浜で太陽の光を受けてキラキラ輝く貝で、比較的見つけやすいかも。黄色や白はなかなか拾えません。